アルバアルバの料理

オランダ Aruba| カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


西インド諸島の南端部に浮かぶオランダの海外領アルバ。フランス海外県のマルティニークやぐぁどループと同様、本国の後ろ盾でカリブの中では経済的に豊かであり、欧米からのリゾート客でにぎわっている島です。

北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。

アルバ地図住民は、人口の80%がヨーロッパ系とアフリカ、または先住民アラワク族との混血。同じくかつてオランダ領だった南米の国スリナムとも交流があります。

料理の方も、カリブらしく、カリブ特有の食材に、アフリカやヨーロッパの要素が混ざったクレオール的なもの。たとえば、コーンミールのクークー(Coo Coo。バルバドスのカウカウのようなアフリカ由来とおぼしき食べもの)や、オクラのスープ、ジャンボ(Giambo)など。またアルバでは、オランダのエダムやゴーダチーズを使ったケシイェナや、牛肉とかぼちゃのスープ(Sopi di Pampuna)、パイナップルとさつまいもを添えたアンティル諸島スタイルのかじきまぐろ(またはサメ)のグリルなど独特の郷土料理もあります。




面積 193km2
人口 約10万人
首都 オラニエスタッド
住民 ヨーロッパ系、アフリカ系、先住民アラワク族の混血がほとんど
言語 オランダ語、パピアメント語
宗教 キリスト教(カトリック)がほとんど
建国 -




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加